インプラントは入れ歯に代わる、歯を失ってしまった患者さんのための治療として認知されるようになりました。
入れ歯は保険が適用されるため全国どこの歯科医院で作っても同じ費用ですが、インプラントは保険外治療なので歯科医院によって金額が異なり費用も高額になる傾向があります。

インプラントは高額だと聞くと金額の面だけで治療を諦めてしまう人がいます。
けれども、相場を知ることで自分にもインプラント治療ができるかという判断をすることができます。
まず、治療を受ける前に必要なのが検査です。
検査はレントゲンだけでなく三次元的な状態を知るためのCTも使われます。
検査にかかる費用は、CTなどを含めて1万~5万円ほどかかります。
相談だけなら無料で行える歯科医院や、検査費が無料の歯科医院もあります。

検査によって治療ができることが分かったら、綿密な治療計画を立てた上で手術を行います。
インプラント体と呼ばれるチタンを顎の骨に埋め込むための手術です。
手術代は10万~40万円ほどが相場になります。
手術をしてからしばらくは、骨とインプラント体が結合するまで待つための期間です。

しっかりと結合したら、今度はインプラント体の上に人工歯を作ります。
人工歯は型取りから材料費、装着料まで含めて1本あたり10万~15万円かかります。
人工歯はセラミック製で透明感のある自然な白さが特徴な素材を使用します。
最近は、セラミックの他にもジルコニアという人工ダイヤモンドを使うこともあります。
患者さんの噛み合わせの強度などに合わせて選択されますが、見た目や希望する形があれば相談しましょう。

人工歯を装着すればインプラントの治療は終わりになります。
しかし、治療が終わったからといって歯科医院に行く必要がなくなったというわけではありません。
本物の歯のように噛むことができても、インプラントは人工物です。
定期的に歯科医院に行き、噛み合わせの調整などのメンテナンスを行わなければいけません。
メンテナンスの頻度は、お口の中の状態によって異なりますが、3~6カ月に1度行われます。

インプラントは永久歯が抜けてしまった患者さんが食べる喜びや、見た目の美しさを回復することができる治療です。
健康保険は適用されませんが、かかる費用の分入れ歯よりも快適に過ごすことができます。
具体的な金額を知ることで、これからかかる費用の目安がつきます。
支払いは一括で全額支払う他にも、行った治療の度に支払うなど歯科医院によって対応が変わります。