インプラントは、虫歯や歯周病、怪我などで失った歯を、自分の歯のように取り戻すことができる歯科治療です。
入れ歯や差し歯よりも強度が強く、見た目も自然ですから、近年インプラント治療を受ける人が増加しています。
ただ、保険がきかず自由診療となりますから、高額な治療費が必要となってしまうため、治療を躊躇してしまう人も少なくありません。
また、高額な治療費を支払ってインプラントを埋め込んだとしても、長く使い続けるためには地道なメンテナンスが必要となります。
インプラントの寿命を延ばすために行うメンテナンスの重要性や費用などについて、ご紹介していきます。

インプラントの最大のメリットとしては、骨に人工の歯根を埋め込んでいくため、しっかりとかむことができる機能性にあります。
ブリッジや入れ歯は周囲の歯に頼る治療法ですから、自分の歯と比べるとある程度違和感のある噛み心地になってしまいます。
インプラントの場合は、骨としっかりと結合させることができますから、自分の歯のように自然な噛み心地を得ることができます。

ただ、気をつけないといけないことは、メンテナンスを怠ってしまうと、周囲に歯垢がたまりやすくなってしまいます。
細菌が増殖してしまい、周囲組織が細菌に感染してしまうインプラント周囲炎を引き起こしてしまう可能性があります。
このままインプラント周囲炎が進行してしまうと、インプラントを支えている骨が破壊されてしまいます。
埋め込んだ人工歯根が露出してしまったり、ぐらつきや脱落などにつながる可能性があります。

インプラントの寿命を延ばすためには、定期的にメンテナンスを行い細菌の感染を予防することが大切です。
通常、1回のメンテナンスにかかる費用は、3000~10000円程度ですが、クリニックや内容によってはさらに高額になる可能性もありますから、事前に確認しておいた方がよいでしょう。
一般的なメンテナンスの方法としては、口腔内の清掃状態や、歯茎の腫れ、周囲炎などの症状の有無の確認を行います。
また、レントゲン撮影を行って、周囲の骨の状態や歯槽骨の炎症や骨吸収などの確認を行い、虫歯の進行や歯石の蓄積などをチェックしていきます。
そのほかにも、噛み合わせを確認したり、歯科医師や歯科衛生士による歯のクリーニングを行っていきます。
このような歯科医院で行うメンテナンスだけではなく、毎日正しいブラッシングを行うことで、長く使い続けることができます。
インプラントは自由診療ですから、クリニック側で保証をつけるかどうかは自由に設定することができます。
保証と聞くと、万が一何かがあっても、追加の治療費はかからないというイメージがあるかもしれませんが、基本的には治療保証となりますから、事前にしっかりと内容を確認しておくことが大事です。